今年もよろすく


by dec311
カレンダー

<   2005年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

なんかドキドキした

帰りのコンビニでの話。

久々にさくらやに寄ったので手には大荷物。
と、言っても大きな袋一個だけですけどね。

何となく駅前のコンビニへ。
さっさと食玩コーナーを通り抜けパックのジュースコーナーへ。
トロピカーナSeason'sBestが売っていたので買うことに。
味は「秋果実と石榴」。

意外にも混んでいたんです、レジが。
片方は男性店員、もう片方は女性店員。
男性の方はサササっと慣れた様子でお客を捌いていきます。
女性店員の方はというと…

お釣りを渡すときに客の手に渡し損ね、「おおお」と声を出したり。

なんというかその、マイペースというか…うーん。
まあ、そんなに急いでるわけでもないのでそちらの方でレジを待つことにしました。
そして私の番。

いつも私はレジに並ぶ前にお金を用意しておくので、
105円を握りながらジュースを差し出しました。
直前のお客の時にお金を落とした焦りもあってかあたふたする店員さん。

「おはようございます、あ、いえ、いらっしゃいませ」

「おはようございます」って言われたよ、私。もうこの時点でかなりキテます。
そしてトドメ。

ジュースにテープを貼ろうとしたのですが思いのほかテープが切れず30cmくらいに。
そんなテープを片手に、上目遣いで軽く笑いながら「すいません、へへ」みたいな。

私も微笑んじゃいましたよ。…平和だ。
これがドラマや小説なら、毎日同じジュース買って…みたいな展開もありそうですが、
私はあのジュースを2回も飲みたいと思いませんし、
何より普段あのレジ打ってるのはヒゲにメガネの「ドン小西」みたいな人だし。

何だか「萌え」の意味が軽く分かったような気がしますよ。
帰り道、ジュースを飲みながら少しドキドキ。


うん、ドジッ娘もいいね。
[PR]
by dec311 | 2005-08-31 22:00 | 雑記

プライドGPが終わって

と、いうよりもヒョードル×ミルコが終わって。

とうとう山の頂点が決まってしまったような気がします。
あの二人を見ていると、あいつらに勝てる人類はいないんじゃないかと思っちゃいますよ。
実際のところ本当にそうなのかもしれません。

試合前の映像を見ているとミルコ寄りになってしまいますよね。
幼少期を戦争で過ごし、友人や父親を失ったミルコ。
マンガのキャラクターのような壮絶さです。
そんなミルコを皇帝・ヒョードルの拳が砕いたわけで。

個人的な意見としてはプライドは3強でもっと引っ張って欲しかったような。
ミルコ・ノゲイラ・ヒョードル。この3本柱が競り合う姿がもうちょっと見たかったなぁ。

ミルコはノゲイラに負け
ノゲイラはヒョードルに負け

これでヒョードルがミルコに負けていれば、じゃんけんの要領ですよ。
上手い具合に三角関係が成り立ちますよね。

ただ、今回ヒョードルが勝ったので「1最強2強」に。
他の選手が山の頂上を目指していくのは面白いとは思いますが、
その山の頂上が富士山かエベレストかで話は違ってくるのです。

試合を見ていると不意にミルコを応援してました。
どちらの選手も「凄いファン」というワケではないのですが、内心はやはりミルコが勝って欲しかったのかも。
ですが、ヒョードルが強すぎです。
立ち技でミルコにプレッシャーをかけて、倒してはパウンドでさらにプレッシャー。
そしてあの尋常ではないスタミナ量です。
2R、大きく口を開けて呼吸するミルコに対して整った呼吸のヒョードル。
結局、終盤威力などが落ちたもののフルで動いたヒョードルには恐怖を感じますね。

ミルコは以降、どうするのでしょうか。
このまま引退して国会議員を続け、日本との国交などに勤めるのでしょうか。
年齢31歳。格闘家としては今がピーク。
このまま続けて欲しいけれど目標は達成したようなものですし。

ヒョードルには今後、ジョシュ、ハント、ハリトーノフあたりと戦って欲しいですね。
ですが、どの試合にしてもヒョードルが負けるイメージが出来ないんです。
大抵の選手は「こうやって負けるかも」なんてイメージが出来るのですが、ヒョードルは想像すら…。
負けずに引退、なんてのもありえそうな気がします。


うーん、やっぱり勝負の世界ってのは厳しいものなんですなぁ。

あ、そうそう。地上波で試合の放送順を変えたのは正解だと思いました。
さすがにあの試合のあとはテンションが持ちませんよ。

追記:
エマ6巻買いました。
やべーやべー、とんでもないこと起きてるよー。
まさかエマでこんな話の展開になるなんて、驚きですよ。
もう6巻読んでいる間中ずっとドキドキしてました。
気になるでしょう、ねぇ、気になるでしょう。でもね、

ネタバレになるから書けないのですよ…。
ただ、どうしても知りたい方はもうちょっと下へスライドしていただけると…。
検索に引っかからないように一部伏字で。













ウィ○アムが婚約解消。
エ○は誘拐されてアメリカ大陸へ。
すげえ。早く7巻出してください、お願いします。
[PR]
by dec311 | 2005-08-30 21:56 | 雑記

マンガをジャケット買い

危険な賭けです。

以前一度大きな失敗してますから。
そりゃもう「エルフェンリート」の表紙と中身の差には愕然としましたよ。
表紙はあんななのに、中身は腕がポーン、首がポーンみたいな。

だからこそジャケ買いは恐いのです。
知らないジャンルのCDを買う以上に危険が伴います。

CDならば数曲入ってる中に一曲でも良いのがあれば納得しますが、
マンガの場合、猛烈な後悔の念にさいなまれるんですよ。
エルフェンの場合、一巻の最初に出てきた女の子が可愛くて可愛くて。
でも数ページ後に首が…。こんなのって…。

そんなワケでジャケ買いは控えてたんです。
ところが、先日秋葉原に行ったところイイ感じな表紙のマンガがあるじゃないですか。

マンホール」/筒井哲也

こういうダークな雰囲気の表紙に弱いんですよ、私は。あと浅田寅ヲ氏が描いた表紙。
この表紙だけ見てると心霊系のマンガかと…思ってたら、寄生虫の話でした。

感染した人が物凄い気持ち悪い…。
見やすい絵ですっきりしてるのに、感染した人だけ何故こんな。
生理的に気持ち悪さを感じる絵ですよ、感染者は。

雰囲気はケイゾクみたいな感じがします。
真剣な部分と緩い部分が上手く交差してて面白いですよ。オススメ。


と、まあ今日はこんな感じで…。
え、内容薄い?いやいやいや…。たまには、たまにはねぇ。
あ、「すもももももも」の2巻も買いましたよ。


まだ読んでないけど。
[PR]
by dec311 | 2005-08-29 21:43 | アニメ・マンガ

不人気だけど

私は好きです。

秋葉原に行ったらプライズのルナマリアとステラがあって、ステラだけ駄々余り。
そしてプライズのアスカと綾波においても綾波だけ駄々余り。
だからこその値段差なんでしょうね、アスカ1600円、綾波600円…。
でも実際は結構イイんですよ、コレ。

b0057261_20491027.jpg

角度によりけりですけどね。
ちょっと二重のラインが強い気がします。
b0057261_20514735.jpg

これってテニスウェア?
に、しては空気通さなくて暑そうな素材なんですけど。
このピッチリ感がかなり…。
b0057261_2053037.jpg

細かいところその1。
白で飛んでますがネルフのマーク。
b0057261_20533721.jpg

細かいところその2。
ネルフスポーツ…あの施設にそんな場所があったとは。
b0057261_20551662.jpg

うーん、結構イイんですけどね。
たぶん露出度とスポーツへの相性って感じですかね。

それにしてもこれが1000円くらいで買えるなんてイイ時代だ…。
プライズだからこその値段ですね。


こうやってまた部屋のスペースが無くなっていくんです。
今の部屋はベッドで寝られない仕様となっております。

追記:
b0057261_20584399.jpg

200円だか100円で売ってた子。
HIMEコレの誰だったか、名前忘れてしまいましたよ。
b0057261_20595014.jpg

ココが好きで購入。…人間部分じゃないのが…。

追記の追記:
b0057261_2103345.jpg

途中経過。
一応ほぼ組み立てられる状態に。
ただ、どこにも「関節技<特大>」が売ってない。
しかも、再生産の予定無しって…。
[PR]
by dec311 | 2005-08-28 21:01 | フィギュア

ランドオブザデッド

ただいま、そしておかえり俺。

家を出る直前に急に土砂降り。
「あー、神様がこの映画観るな、って言いたいんだな」と思いましたよ。
必死に雨の中、自転車こいで映画館へ。

意外に混んでました。
たぶん「室井~」観たいけど満員だから「ランド~」へみたいな流れかと。
でも私は事前に予約しておいたのでど真ん中。グッド。

さて映画の話。
全体的に作りが古臭い感じがします。
驚かせ方やキャラクターの作りなんかは「ありきたり」と言ってもいいかもしれません。
ところが、ところどころにギャグを盛り込んでいるので飽きません。
山と谷が絶妙なんです。

たとえばゾンビの行動なんかがそんな感じなんです。
ひたすらタンバリンを持ち続けるジジイとかトロンボーンを吹けずに困るジジイ。
何故か街中をうろついているチアゾンビ。
恐怖の対象であると共に笑いの対象にもしてるんですね。
もしかしたら笑いと恐怖は常に背中合わせなのかも。

ひたすらゾンビを殺しまくる映画かと思わせておいて、そうではなかったりします。
色々な人間の思惑が絡み合っていて、そのなかにゾンビというエッセンスが。
…なんてイヤなエッセンス。

全てが唐突なんです。
始まり方も通常の映画なら

普段の生活~ゾンビ発生~感染~主役がんばる~ゾンビ倒して終わり

みたいな感じで進むのですが、この映画の始まりは「ソンビが出てから数日後」なんです。
だから最初からゾンビが出てきます。
そして前編から戦闘まみれ、銃弾まみれ。
意味も無くゾンビを撃ちまくりです。

結局のところ何が言いたいかというと、この映画「無意味」なんです。
ストーリーなんて最初の10分くらい見ればオチまで分かる仕様です。
でもこの「無意味」は決して悪い意味ではなく、気楽に見れるという風に解釈していただきたい。
難しい顔して考えながら見る映画も面白いですが、たまには何も考えずに映画観ましょうよ。

観終わった後、何も残りません。「ああ、楽しかった」だけ。
たぶん数年後に「そんなバカな映画あったね~」なんて話すような映画です。
でもビデオで見ると面白くないと思います。
映画館で見るからこその映画、まさにそんなんです。

今回ばかりはポップコーン食べてようが何しようがお構いなしです。
本当ならばみんなでワイワイ言いながら笑いながら見たかったくらい。


夏休みもあと少し。
最後の日曜に何も考えずに映画を見てみるのもイイのでは?

追記:
私の左前で見てた人。
私と同じタイミングで爆笑。…気が合いますね。
[PR]
by dec311 | 2005-08-28 00:05 | 映画

ただいま帰りました

そして今から映画を観てきます。

今日、映画館のチケット売り場で

「ランドオブザデッド、大人一枚」

と言ったのは私だけでしたよ。
他の人はみんな「室井一枚」です。
そりゃ私も見たいですけど、ゾンビ>>>>しかめっ面ってことで。

というわけで今から準備してきます。
ではまた夜中に感想書きますね。


室井の方が感想聞きたい、とか禁止。
[PR]
by dec311 | 2005-08-27 19:37 | 雑記

夏休み最後の週末ですね

夏休みがある人にとってはですけれど。

夏休み最後の週末ということもあってか、六本木はいつも以上に人が多かったです。
大江戸線なんて凄かったですよ。爪先立ちですよ、私。

人が多いのはどうでもよくて。
台風一過のせいか天気が良すぎて…暑い暑い。
しかも昼すぎに急にですから。

昼休みにいつもどおりボルテックスへ。
そしていつの間にかアイマスへ500円投入。
E-Fランク限定15000オーディションで刻んでいこうかと思ったら、
verUP?のせいか15000オーディションが無く、仕方ないので30000へ。
そしてボロ負け。アイドルのテンションどころか私のテンションがガタ落ち。
意気消沈でボルテックスを出ました。そしたら、

なんだこの天気は。

さっきまで涼しいくらいだったのに急に暑くなっちゃってまぁ。
オーディションに落ちた後に浴びる日光は厳しいものがありますよ。

それにしてもあのゲーム、オーディションに落ちると罪悪感が。
「まだ力が及ばなかっただけです」とか言われると「いえいえ、私の力量が」という感じになります。
ここもこのゲームの魔力なんでしょうね。
そりゃ毎日500円を無意識に投入するわけですよ。

とりあえず明日は土曜日。またもや秋葉原に行く予定。
そこしか行く場所無いのかよ、あんたは。とお思いの方、それは違いますよ。


池袋に寄ってから秋葉原に行くんですよ。
…変わらない、かな?

追記:
六本木ヒルズ手前にある「POMPADOUR(ポンパドウル)」。
そこの「アロエヨーグルトデニッシュ」(160円)がヤバイです。
あまりの美味しさに毎日食べてる始末。
「アラ、あの人毎日来てるわ」なんて店員さんに思われて…ないよな。
[PR]
by dec311 | 2005-08-26 21:50 | 雑記

台風なのでね

帰宅が一時間早まりました。

と、言うことで家に帰ってからWFで友人が購入したアストラナガンをいじることに。
早めにやらないとテンションが下がるんですよね。

開封そして安堵。
意外に難しく無さそうなんですよ、塗装以外は。
組みやすそうだしパーツも多くないですし。
んで、早速仮組みしてみるわけですよ。

レジンがカリカリ削れてメチャクチャ面白い。
イイレジン使ってるんでしょうなぁ。
あと業者抜きの威力に驚きました。これだったら下準備も少なめですみそう。

b0057261_21255218.jpg

とりあえず下半身。
この時点で自立は…ご覧の通りです。
b0057261_21261795.jpg

そして腕。

この時点で思ったこと。
b0057261_21273343.jpg

先生!安請け合いはするもんじゃないと思いました。


このでかさは反則です。
ただ上にも書いたようにスラスラ削れるレジンが面白すぎるので、
今のところテンションは高いですよ。
これからちょくちょく経過などを書いていきますね。
[PR]
by dec311 | 2005-08-25 21:29 | 雑記

花火の煙

ノスタルジックです。

帰り道、何だか嗅いだことのある匂いを感じました。
その匂いの方へふらふらと行ってみると、子供が花火をしてるんです。

たぶん小学生くらいの子でしょうか、キャッキャッ言いながら手持ち花火をしていました。
赤・青・黄色。様々な色とツンと鼻を突く煙の匂い。

何時の頃からでしょうか、花火をやらなくなったのは。
たぶん私は高校生以降はやってないです、花火。

中学生の頃までは夏休みになったら友人と花火。
何は無くとも夏の夜には花火。
バカ笑いしたり、花火持って追い掛け回したり、線香花火でまったりしたり。
色々な話をしたのが思い出されます。

私がしていた花火というのはちょいと危険なものでして。
ロケット花火を束ねて飛ばしたり、ドラゴンを投げあったり。
ロケット花火の撃ちあいとかかなりの恐怖でしたよ。
キュイーンとか言いながら顔のすぐ横を通り過ぎるロケット。後方で弾ける爆音。
今思い出すと、何て無茶で危険なことをしてたのでしょうか。
楽しかったんですけどね。

自転車で通り過ぎる瞬間、不意に色々なことを思い出してしまいました。
煙の中を通り抜けるほんの一瞬に。


直後に電柱にぶつかる悲劇。
こんなオチが無ければちょっとカッコイイ日記になるというのに…。
[PR]
by dec311 | 2005-08-24 21:31 | 雑記

台風とか

ドキドキします。

ガタガタと風で戸が揺れるとワクワクしませんか?
雨が窓にバチバチと音を立てて当たるとハラハラしませんか?
私はドキドキします。

大風に吹かれ、雨に打たれるとワクワクするんですよ。
何故こうなったのかは全くわかりませんけどね。
台風の日には近所の多摩川の河川敷に行ったりしますもん。
…みなさんは真似しないでくださいね。

私の場合は大風、大雨なのにも関わらず傘も差さずに出かけますから。
このとき、周りの人に対していかに「雨に降られて困ってる人」と見られるかが勝負です。
故意で傘を差していないのがバレたら残念な感じですからね。

しかもipod聞きながらですよ。
どうも雨の中で曲を聴くと気持ちいいんですよね。
一回くらいは雨の中で曲を聴いたことはないでしょうか。
アレは小学校時代に体験したであろう「雨の日のサッカー」と同じ感じ。
いつもと同じなのにちょっと違う、みたいな。

今日もそれに備えてipodに雨に降られながら聴く曲を入れて行きましたよ。
とりあえずオススメは「less/亜熱帯マジSKA爆弾featMAKI」。
ドラマニの曲なのですがこれがまた哀愁を誘ってイイんです。

んで仕事終わりに颯爽と外に出ました。すると、思いのほか風が強め。ナイス。
そのままワクワクしながら電車に乗るわけですよ。

地元の駅に着いたら雨が結構本降り。
こりゃたまらんね、と思いました。でも…

リュックにノートPCを入れてるんだった。


猛ダッシュで家に帰りましたよ。
ああ…雨の中で曲を聴きたかった…。ツイてないなぁ。
[PR]
by dec311 | 2005-08-23 21:35 | 雑記