今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:アニメ・マンガ( 39 )

古本屋生活

100円と変わらないのに古本屋で本を探してしまいます。

とりあえずのところ、小説の類は古本屋で買うことにしています。
文庫本なら100~300円、ハードカバーなら500~1000円程度ですよね。
特に赤川次郎作の物は結構年数も経ってるのでほぼ100円。
お得感満点です。

マンガの方は
「欲しいけど、新品で買って面白くなかったら…」
と思うと、古本屋に行ってしまうのです。
古本屋なら上手くいけば100円程度で買えちゃいますから。

最近買ってよかったのは「ライジングインパクト」ですね。
10巻までで800円だったので買っちゃいましたよ。
当時ジャンプを読んでいた自分にとっては懐かしかったです。
もう結構経っている作品なのに色褪せない作画は、流石。
ただ、何でか15~17巻ってのが出回ってないような。
どこ行っても見当たりませんよ。

今日は仕事に行く時間が普段よりも少し遅かったので、
通勤前に古本屋に寄って、頼まれていた「烏丸響子の事件簿」と

「おねがい朝倉さん」

を買ってきました。
4コママンガなんて「あずまんが大王」と「ぱぺっとレボリュージョン」以来です。

前々からちょっと欲しいなあと思っていたのですが、
機を逃してしまって買えなかったので、売っているのを見たら即ゲットですよ。

これ、面白い…。

いや、何といっていいか分かりませんが面白いんですよ。
初めてあずまんが見たときのような、そんな面白さです。
おおう…自分の語彙の無さを悔やみますね。

作者の大乃元初奈さんはこれがデビュー作だそうで。
これからが滅茶苦茶楽しみなマンガ家の一人です。


「のだめカンタービレ」を探してみるも見付からず…。
最近の少女漫画ってあまり出回らないイメージが。
[PR]
by dec311 | 2005-05-16 21:42 | アニメ・マンガ
今日GOTHのマンガ版を買いました。
大岩ケンヂを大槻ケンヂと間違えていたなんて誰にも言えません。

それにりても真っ黒い本ですね。どこから見ても真っ黒。
中身も外見に負けず真っ黒いです。

それにしてもこの人の絵、好きなんですよね。
線は細いけど力があるっていうか、構図も見やすいですし。
キャラクターの描き方もしっかりしてて好きです。
あと、「NHKにようこそ」とかも描いてしまう様な幅の広さもイイですね。

でも、今GOTHの小説版を読んでいまして。
マンガ版を少し読んだのですが、すでに頭の中でキャラ像が確定…。
全然悪くは無いキャラクターなのですが、
やっぱり想像を固定されてしまうと少し…。
想像の幅が小さくなるというか何と言うか。

ま、マンガ版はマンガ版、小説版は小説版ってことで。
マンガも小説もかなりオススメですよ。
もうちょっと言うと、GOTHが好きな人は「流行り神」も好きなはず。

ま、自分が好きなだけなんですけどね。

追記:
今日はドッジボール観て来ます。
ちょっと最近映画観すぎですよ。
[PR]
by dec311 | 2005-04-29 21:10 | アニメ・マンガ

プリキュアって凄い

今日も響鬼を見終わってプリキュアを見ました。
いやー、今日は凄かったですね。何が凄かったって、

顔面の崩壊具合

が凄かったんですよ。普段の作画が神作画に見えます。
もう単なる崩壊じゃなくて、

顔面メルトダウン状態

です。修復に10年以上は要します。
久々にオンタイムでやしがにクラスのアニメ見ましたよ。

顔はもう陰影など無くて、単に肌色の面に目とかが張ってあるだけ。
どこぞのフィギュアじゃないんですからアイプリントなんて。
平べったい顔に貼り付けたようなパーツ…最高です。

でも、こんなメルトダウンなんてものともしないのがプリキュアです。
顔以上に凄かったのが戦闘シーンでの作画。
寝起きだったので自分の勘違いかと思ってましたが、違うんですよ。

これ、アメリカのアニメじゃねえよな?

と思いましたが違うんですよ。
何が凄いって、敵キャラの適当さとキャラの薄っぺらい絵。

敵キャラなんてでっかい三角形を縞々模様にして目とか付けただけ。
それがロクにアニメーションせず「ザケンナー」とか言うだけ。
倒れるときもグニャグニャーっと倒れたりしましたし。

戦ってるプリキュアもプリキュアですよ。
これまた陰影の全くない絵で飛び飛びのアニメーション。
これまたグニャグニャと相手を蹴ったりして、
下手に動きがあるからかえって気持ち悪かったり。
でも、必殺技はバンクだから最高作画…物凄いギャップです。

これくらいの作画を毎週やったら色々な意味で神扱いですよ。
…ホントこのアニメって作画の差がハッキリでますなあ。

色々な意味で面白いプリキュアですが、
映画の方なんて前売り15万枚売ってるんですよね。すごいよなあ。
もう小学生の女の子なんかには大人気なんでしょうね。


ウチの近くの映画館でレイトショーやってくれないかな…。

追記:
今から駅前の映画館でコンスタンティン観てきます。
時間に余裕があるようだったら感想なんかをアップします。

感想を言えるような作品だったらいいなあ。
[PR]
by dec311 | 2005-04-17 19:14 | アニメ・マンガ

初ネギま

昨日初めてネギまを見ました。

なんだか大人の事情でスタッフが大幅に交代したらしく、
作画やら何やら全部が良くなったらしいじゃないですか。
そんなことを友人と話していたら何となく見てみたくなって…
結局オンタイムで見てしまいました。

初っ端の子供時代の回想シーンで「おお、中々」と思ったものの、
その後は「これぐらいで良くなったってことは、以前は…」という感じ。
あるいみ「作画インフレ」の状態なのかもしれませんね。
最近だとこの作画インフレに似たもので「造形インフレ」ってのもありますが。
今回のネギまは谷間インフレでしたけど。
もう、谷間!水着!水着!水着!谷間!って感じでしたなあ。

何だかんだ言ってもキャラは多いし動きもあるし、かなり面白かったですよ。
特にあの双子(?)がグッチャグッチャに遊ぶところとか。
あれだけ女の子が出てきてワーキャーするアニメを見てなかったので、
かなり新鮮な気持ちで見ていました。…俺もネギ先生になりt

でもラスト間際の委員長の人(名前が…)の弟絡みの話。

深夜に人を泣かせないでおくれ。

まさかネギまで涙するとは。涙で枕を濡らすとは!
どうりで回想の作画が凄いわけですよ。
ああいう鬱展開からの復活みたいなエピソードは来ますね。

今回初めて見て結構面白かったので来週から見ます。
それにしてもこの時期に夏休みの話なんて…羨ましい。


で、来週はのどかは出るのかい?出ないなら見ないよ。
[PR]
by dec311 | 2005-04-14 21:50 | アニメ・マンガ

やっとこさ買えた

「烏丸響子の事件簿」。
新宿のForestにて店員さんに引き出しから出してもらいましたよ。
…なんで棚に置いといてくれないのさ。

Forestでは結局、

「烏丸響子の事件簿」1~2巻
「無敵看板娘」新刊
「バキ」新刊

を購入。今日は雨も降っていたのでカバーを付けてもらいました。
雨がこんなに降り続けると思わなかったし、
まさか傘をあんな形で失うとは思ってもいなかったので厳重に。

ちなみに「あんな形」と言うのは、
昼頃に仕事場近くのコンビニへ行った際にビル風に巻き込まれ、

傘が真逆に開きまして。

そのままビニール部分だけが風に運ばれていきましたよ。
手元に残ったのは攻撃力の高そうな剣(骨組み)のみ。
もうギャグですね。ギャグ。
こんなにビニール傘が弱いなんて…。
もし自分がメリーポピンズだったら、

垂直落下

してますな。
勿論その攻撃力の高そうな剣は道端にそっと置いておきました。
たぶん、どこぞの勇者様が拾ってくれるでしょう。

話を戻しまして。
「烏丸~」1巻だけ電車の中で読みましたよ。
感想としては「絵の構成」とか「動き」がかなり上手く書かれてます。
特に敵(鬼)との戦闘シーンなんてかなりカッコイイです。
キャラクターもそれぞれ立ってますし、話にも魅力を感じます。
舞台は未来なのですが雰囲気は戦前戦後の日本。
こんなちょっとした雰囲気の違和感に心惹かれてますよ。

そんなんじゃ中身が分かんない、という方へ。
このマンガを他のマンガで例えるならば、

「低俗霊DAYDREAM」+「コックリさんが通る」=「烏丸響子の事件簿」
               +「サイコ」(雰囲気)
って感じですかね。
特に「低俗霊~」や「コックリさん~」が好きな方にはオススメです。


でも「バキ」を読んだあとだと何だか物足りなさを感じてしまう…。
それもこれもあの無意味な勢いのせいなんだよなあ。
爺さんの無意味な体つきとか。
[PR]
by dec311 | 2005-04-11 22:12 | アニメ・マンガ

売ってないマンガ

昨日友人とメッセでスピードグラファーについて、
プールの水温ぐらいの温度で語り合ってた時に
キャラデザが「コザキユースケ」という人、というのを知りました。

んで、本人のHPへ行ってみると「これ面白いなあ」と思っていたgifアニメが。
「マッチ売りの少女」がそれなんですけども、
初めて見たときは「すげえ素人がいるもんだ」と思ったのは秘密。

現在「烏丸響子の事件簿」というのを連載しているそうなので、
今日は昼頃に古本屋めぐりの開始です。
以前古本屋でみかけたこともあったので「楽勝、楽勝」と思ってました。
…甘い考えでした。

古本屋に行けども行けども売ってない…。
もしや、これがスピードグラファー効果ですか。
しょうがないので100円コーナーで前から探していたマクロス7トラッシュの7巻と
「100円です」と言われるのが恥ずかしいという無意味な羞恥心から
集めてもいないヘルシングを一冊。しかも6巻だけ。
パラパラっとページを捲ったら勢いが良さそうだったので購入です。

こりゃ「普通の本屋で買えよ」というメッセージだろうと思い作戦変更。
知ってる本屋を片っ端から回ることにしました。

1軒目…無し
2軒目…無し
3軒目…無し
4軒m(ry

どこにあるんだ…。
これだけ本屋を回っても無かったマンガなんて絶頂期の「サイコ」くらいです。
もーう、どこにあるのよ。早くしないとamazonで買っちゃうゾ。
とか言いながらも明日には新宿の「Forest」で買う予定。

結局100円で買った2冊の本を持って帰りましたよ。
で、家に帰って気付いたこと。


俺はマクロス7トラッシュの7巻を何冊買えば気が済むんだ。もう3冊あるぞ。
…こんなこと結構ありますよね?

追記:
今更ながらヘルシングが面白いことに気付いてみたり。
100円で買った6巻しか読んでませんが、勢いが良いですね。

ただ、殆どが叫びだったりして読む時間が短いのが問題ですな。
まあバキに比べればマシですけどね。
[PR]
by dec311 | 2005-04-10 20:00 | アニメ・マンガ

アクエリオンおもすろい

昨日から始まったアクエリオン。
最近深夜のアニメを全然見ていなく、
「ああ、そんなの始まるんだ」程度の感覚しかなかったんですが、
見てみたらこれがもう面白いんですよ。
久々な感じのするロボット燃えアニメですね。
何だかグラヴィオンと感覚的に被る感じがするのは自分だけ?

ストーリーはよく分かりません。
歌がどうとか、合体の仕組みがどうとか、敵が何とか全然。
半分くらい寝に入っていたのでね。
そんなこと分かってなくても自分としてはロボットが物凄い好みだからいいのです。
ゴチャゴチャしたデザインのメカって燃えますよね。
しかも3機合体なんて、もう…。
ただ、この合体する3機の戦闘機が、

イメージファイト、烈火、ヘクター’88

の主人公機に似てる気が…。
それと途中に出てきた紫(?)色の戦闘機が「戦闘妖精雪風」のレイフに見えt(ry
まあ、どれもこれも自分の好みの範囲なので大満足なんですが。

ロボの戦闘シーンもアニメとCGを合成する形式で描かれてるので動く動く。
カメラワークもその動きに合わせて動くので、もうグイングイン。
見てるときは「すげえ動くな、コレ」とずっと思ってましたよ。
アニメもロボット物はこういう形になっていくんだろうなあ。
この方が人件費とか時間とかあまり掛からなさそうですし。
それにヘタレアニメにされるよりかは全然マシですしね。

第一話でこれだけ興味惹かれたのも久々なのでこれから見ますよ。

新聞のラテ欄に「アクエリ」って書いてあったから、
「アクエリアンエイジ」と間違えてたのはナイショ。

追記:
雷電Ⅲはもう俺の手に負えない。
絵が2Dから3Dになったおかげでさらに見えなくなったような…。
とりあえず初見で4面まで行けたので結構満足してたり。

追記の追記:
名倉潤と渡辺満里奈が結婚か…。
中2の時に渡辺満里奈好きだったなあ。
ってか、もう34歳なんですね。いや、別に他意は無いんですけどね。
[PR]
by dec311 | 2005-04-05 20:26 | アニメ・マンガ

レジェンズ最終回

とりあえず一言言わせてください。

最高すぎ!

前半はかなり燃える展開で最高。
後半は泣き展開で最高。
もう後半15分なんてずっと泣きっぱなしでしたよ。

レジェンズ達と別れるところなんてもう見てられない…。
あー、これはすげえや、と。
見る人によってはしつこい泣き演出かもしれませんが、
普通に見てて普通に泣いてしまいましたよ。

ED曲もいつもと違う曲で、これがまた泣ける曲だった…。
ちょっと泣きが終わったと思ったらこの曲のメロディーが流れてきて、もう。
思い出すだけでもちょっと泣けます。

ホントこの最終回は自分が見てきたアニメの中でもかなり好きな部類です。
やっぱり最後がピッチリ締まってると「良かった」と思えますよね。


それに比べて昨日のHERO'Sの締めときたらもう…。
[PR]
by dec311 | 2005-03-27 12:57 | アニメ・マンガ

14歳のジャイアン

先日「ドラえもん」の新声優が決定しました。
なんだかあまり驚きが無くてすっかり忘れていましたが。

(以下敬称略)
とりあえず新キャストは、

ドラ:水田わさび
のび:大原めぐみ
しず:かかずゆみ
スネ:関智一
ジャイ:木村昴

って感じですね。アニメ見る人なら知ってる顔もちらほら。
この中で気になるのはやはり木村昴(14)でしょう。
14歳がジャイアンですよ。14歳であの迫力のあるジャイアンを…
と思いましたが、よく考えたら、

実際の設定上、ジャイアンは12,3歳

なんですよね。たしか小学生でしたよね。
まだ声を聴いてないので何とも言えませんが、
そういう意味ではピッタリくるかも知れませんね。結構気になる…。

でも、こうやって新キャストが発表されてしまうと、
「このキャラはこの人だろー」とか勝手に話ていたことが思い出されます。

まあ、声優さんの人気だけで視聴率を取りに行くとしたら、

ドラ:林原めぐみ
のび:堀江由衣
しず:能登麻美子
スネ:田村ゆかり
ジャイ:若本規夫

こりゃ破壊力凄まじいですよ。もうアニメ好きは全員見ちゃいます。
と言うか、自分も絶対見ますし。

でも、自分の好みで組ませていただけるならば、

ドラ:大塚明夫
のび:日高のりこ
しず:皆口裕子
スネ:山崎たくみ
ジャイ:若本規夫

このキャストでやっていただけるならDVDを1巻につき5枚買います。
…このキャストで…やって…欲しかったな…。

渋い声優さんばかり集めたら、

ドラ:若本則夫
のび:鈴置洋孝
しず:島本須美
スネ:大塚芳忠
ジャイ:大塚周夫

こいつぁすげえ。もう明らかに小学生の物語で無くなります。
何があっても「漢同士の戦い」とか言いそうですし。
あとしずかちゃんが大人すぎ。

あとは、

ドラ:新谷良子
のび:かないみか
しず:田村ゆかり
スネ:沢城みゆき
ジャイ:山口眞弓

とか。このドラえもんは出すものを良く間違えそうですね。
あとジャイアンは本当にジャイアンっぽくなりそう…ってこれは「GA」ですな。

最後に自分で考えて普通に笑ってしまったのを1つ。

ドラ:玄田哲章
のび:玄田哲章
しず:玄田哲章
スネ:玄田哲章
ジャイ:玄田哲章

もう大変ですよ。ネコ型ロボットなのにネコが嫌いだったりで。
ってか、ドラミちゃんとかも玄田哲章だったらすごいな…。
30分見たら胃がもたれそう。


あーあ…自分がアラブの石油王みたいな金持ちになったら、
上のようなキャストでアニメ作りたいなぁ…。

今世くらいには無理なのでまた来世ということで。
[PR]
by dec311 | 2005-03-13 21:05 | アニメ・マンガ

OVA見まくり

最近OVAにはまっています。

近所のTSUTAYAに行ってはOVAを探している日々だったり。
ちょっと前の自分には考えられません。
以前はレンタル屋に行ってもB級映画を探していたと言うのに。
それに最近は殆どTVアニメも見ていませんでしたし。

OVAにハマッたのは最近見た「戦闘妖精雪風」のせいです。
前々から観よう観ようとは思っていたのですがチャンスが無かったのですが、
フラっと立ち寄ったレンタル屋がセール中だったので纏めて借りました。

一巻目を見たときは「意味ワカンネ」状態だったのですが、
最近購入したヘッドホンのおかげでとてつもなく面白かったです。
特に劇中、主人公機が敵のミサイルに追いかけられる所があって、
そのミサイルを迎撃するのですが、そこの演出がもう…。
ホント、ここだけでも観ていただきたいです。
ただ、「カッコイイお兄さん達が異常に仲良し」な所がちょっと。
でも、戦闘機とかカッコイイですし、音も最高です。是非ドルビーで。

んで、昨日おとといと続けて見たのが、

「トップをねらえ2!」の二巻
「戦闘妖精少女 助けて!メイヴちゃん」

です。
「トップ…」の方は1が物凄く好きだったので、
「2はどんなもんかなー」と思い借りてみました。
「メイヴちゃん」は毎週聞いているラジオ番組「らぶエモ」の紹介が面白かったので。
ってか、あの番組は「小野坂昌也」が暴走しすぎて大変そうですね。
先週の土曜も「清水香里」のことを「南極○号」と呼んだりしてました。
もう40歳なのに。

まあそんなことはどうでもいいとして。

「トップをねらえ2!」
一巻でハートを貫かれた自分としては楽しみで楽しみで。
いざ見てみるとやっぱり面白いんですよ。
どこが面白い?とか聞かれると困ってしまいますが。

初っ端からノノが全裸なのには笑いました。
その他も「狙ったエロ」が多くて結構「萌エロ」な感じ。
話の方は燃える展開で、そっちの方も忘れてはなりません。

EDの「星屑涙」が早くCDで発売されてほすぃ。名曲だと思いやすよ。

「戦闘妖精少女 助けて!メイヴちゃん」
久々見たなぁ。こういう萌えアニメ。
面白いか面白くないかで言うと「面白くない寄りの普通」。
狙いまくりなキャラもそうなんですが、話の筋も狙いすぎってな感じです。
まあ、このアニメを作った理由も

「メカデザの人のHDDがぶっ壊れて本人も壊れちゃった」

みたいな感じらしいですし。
でも、途中で出てくる「フォゲッタ」(まんまゲッターロボ)にはちょっと笑った。
あとスーパーシルフちゃんがもう…。ムフゥ。


久々にアニメをじっくり見るというのも結構おつなものです。
「アニメはちょっと…」なんて古い考えを持ってる人も機会があったら見て下さい。
「フルーツバスケット」なんて結構泣けちゃいますよ。
たまにはジブリ系以外のやつも是非。


ヘッドホンでフルバ見たら号泣しちゃったよ。
[PR]
by dec311 | 2005-02-28 22:20 | アニメ・マンガ