今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:アニメ・マンガ( 39 )

もうそろそろ真面目に

真面目に更新しないと切られてしまいそうで。

とは言うものの、2,3日ぶりにマトモな時間に帰ってこれました。
ココ最近、送別会やら歓迎会やら仕事やらでいつも終電。
帰ってきたら1時くらい。

だからこそ深夜アニメを見てしまうわけですよ。

:シムーン
なんか、なーんか面白みが感じられないんですよ。
個人的にメカの造形とかが好きではないのかも。
だけれど「17歳で性別を決める」って設定は面白い。
そりゃいきなり「男」だって決まったら号泣するだろうさ。
高校生活の間中、男だと思ってたヤツが卒業式に突然「女でした。付き合って」
なんて言うのと同じくらいショッキングですよ。…まぁ、伊集院レイなんですけどね。
それをOKしちゃう主人公もどうかと…。

:桜蘭高校ホスト部
やべー、なんか泣けた。
こういうアニメって今まで敬遠気味だったけど、気持ちを入れ替えねば。
でもね、彼氏(ギリギリまだ?)の前でキスしちゃう女の子、
それを笑顔で許しちゃう男……ま、いいか。平和だし。
作画レベルも高いし、今後も見ちゃうだろうなぁ。
下手すると単行本買いますぜ、私ぁ。

…って全然見てないですね、アニメ。ちょっと新番組調べないと。
ついでにラジオの新番組も。久々にハガキだそうかと。


下ネタ有りのアニラジとか無いかなぁ…。
昔で言えば「らぶエモ」とか「生臭ラジオ」とか。

追記:
MG?
まだ完成してませんよ。

追記の追記:
仕事を抜け出しビートマニア。
なんて面白いんでしょう。

追記の追記の追記:
コミケの受付確認ハガキが届いて、かなり肝を冷やしました。
………受かったらどうしよう…書く時間無いよ…。

追記の追記の追記の追記:
いい加減しつこい?まあまあ。
「成分解析」やってみました。本名で。

○○の99%は電力で出来ています
○○の1%は鍛錬で出来ています

何?俺は電人なの?
ついでに苗字と名前の間にスペース挿入。

○○の74%は怨念で出来ています
○○の12%は黒インクで出来ています
○○の8%は言葉で出来ています
○○の4%は心の壁で出来ています
○○の2%は成功の鍵で出来ています

どんだけ心狭いんだ。…7割がた怨念。
ま、当たらずとも遠からずって。
[PR]
by dec311 | 2006-04-12 23:14 | アニメ・マンガ

ガッシュ

最終回。

1時間SPかと思いきや単純に30分を2回放送するという…。
この時点で嫌な予感が。

見終わって思ったこと。
今まで見てきた人に対してこの仕打ちかぁ…。

ファウード倒す→ヤッター!→ED。

最高だね。打ち切り感満点。
ED終わった後に少し話があるものの、それも取って付けたような。
でもEDがカサブタだったのはよかったけど。

せっかくマイメロをビデオに撮ってまで見たのにー。
作画も終了間際でしか良くならないしー。
不満残るわぁ。


来週からデジモンだからいいけど。

追記:
今日のプリキュアどうしたんだろ。
何だか「どれみ」の「魔女をやめた魔女」の回を彷彿とさせる演出。
目覚めましたもん。
[PR]
by dec311 | 2006-03-26 14:16 | アニメ・マンガ

買っちゃったよ…

エアマスター27巻。

俺、エアマスター今まで買ってないのに。
27巻だけ買っちまいました。
友人が勧めまくりだったので、つい。

で、読んだらですね無性に泣けてくるんですよ。勢いが最高。
27巻のどこがいい?って聞かれたら

「全部」

って答えますね、私は。
バキと同じくらい読み終えるの早かったけど印象強いわぁ。

他にはまだ買って読んでないムヒョとアイシの新刊。
どっちも楽しみなのでゆったりと読みますよ。


やっぱり漫画ってモノはいいもんですなぁ。

追記:
ウェファー4個買ったら全部ダブった。
ナタル大好きっ子なので嬉しかったのですが、
ルナマリアはいいよ…カテジナもクリスも3枚目だし。
もう打ち止めにしよう、うん。……あれ?たしか昨日あたりに言った気が。

追記の追記:
シルバー事件25区 第二話「good looking guy」
やっぱりクロヤナギ最高だわ。
話の展開もオチもかなり好み。

追記の追記の追記:
マイメロ。
今日は凄かったなぁ。もうやりたい放題。
マイメロママの格言も飛ばしてたし。

に、してもテレビ見ながらずっと

「今井メロって『い』を外したらマイメロだよなぁ」

って思ってたのは秘密。
[PR]
by dec311 | 2006-03-05 20:07 | アニメ・マンガ
ヘルシング。

あーやばい。
若本声がやばいです。

所々に見える作画の荒さなんてどうでもいいですよ。
ノリノリすぎる若本さんの演技が補って余りありまくりんぐ。
それにね、インテグラもセラスもアーカードも最高なんです。

中田譲治さんヤバイっすよ。
さすがエロ声製造工場・工場長ですよ。
生まれ変わったらあなたの声帯を持って生まれてきたいです。

アーカード対アンデルセンは痺れます。
アンデルセンが、武器が、結界がぁ!
あああ、カッコイイ!!

TV版でアンデルセンは野沢那智さん(私の中では「なっち」)だったので、
セル完全体さんの声が合うのかな、なんて思っていましたが、
これがまた意外と似てたのですね、お二方。
言葉への抑揚のつけ方が結構似てるんですよ。
ま、あなごさんがノリノリ過ぎて過剰な場面もあるのですが。

とりあえず50分だったので大変満足してます。
このまま50分クラスで出し続けてくれたらなぁ…。


オーディオコメンタリーを酒飲みながらやるとは。
最高ですぜ。
[PR]
by dec311 | 2006-02-13 22:24 | アニメ・マンガ

マンガで金欠

なんて大人なんだ。

気付いたら新しいマンガばかり買っていた私。
最近、部屋の本棚には1巻が並んでます。
と、いうことで新しいマンガの感想などを一つ。

・死がふたりを分かつまで
盲目の刀使いが予知能力を持った少女を守る話。

時代設定が現代なのが私のハートを鷲づかみ。
人物も上手いのですが武器に力が入ってるように見受けられます。
これからの展開によっては化けそうな気が。

・学園革命伝ミツルギ
強烈な個性を持った生徒会の人たちが、
いかにして学園に生徒を集めるか話し合うシュールギャグ。

最初は「あー、またこういうのか」と思いましたが、
強引なギャグと展開でいつの間にか笑ってました。
アレです。人が笑ってるのにつられて笑う感じ。
個人的に中二階堂が好き。ボイン先生がいたら私も学校に入ります。

・かみちゅ
中学生が神様になっちゃう話。…説明になってねえ。

ゆったりとした展開がいいですなぁ。
ゆりえが神様になったのに周りは気にしてない様子だし。
また鳴子ハナハル絵がビタっと来てますわ。
ただ、私としては面白みに欠けるような。

・インクワーク
90年代のデザイン会社を舞台としたラブコメ。

コレいいですよ。
なにより雰囲気が明るいし、キャラも立ってるし。
こういう主人公って応援したくなるんだよなぁ。
え?ハチクロの二番煎じ?いやいやいや。
90年代を強調している割にはそんなに感じられないのが惜しいかな。

個人的にインクワークはオススメです。あとはべしゃり暮らし。


4,5冊買っただけで金欠になるなんて…。
なんて大人なんだ。
[PR]
by dec311 | 2006-02-06 22:26 | アニメ・マンガ

マジ泣き

久々マジ泣きですよ。

医龍10巻。
木原関係の展開が神すぎて…。
回想を巡らせるシーン、母親を呼び戻すシーン、そして最後の朝田のセリフ…。
ベッドで寝ながら読んでいて「ヴウゥ…」とかいう変な嗚咽を出してました。

コミックス派なので本誌の展開は分かりませんが、
個人的に伊集院の成長が嬉しいですな。
決して朝田のようなヒーロー性は無く、荒瀬のような特殊能力も無い。
そんな彼が徐々に能力を開花させていくのが楽しくて。

ガン×ソード 最終話。
今更ながらに見ることが出来ました。
もうね、スタッフの人に感謝感謝ですよ。

最終回の見所はやっぱり絶叫→OPテーマの流れでしょう。
死に際で走馬灯のように色々なことを思い出すヴァン。最後にエレナの顔。

「エレナアアアアァァァァァァァァァアアア!」

ここからOPテーマが流れるわけですよ。
鳥肌がぞぞぞと立ちました。ええ、ホント。何でか泣いたし。
終わり方も余韻を持たせながらもスッキリ。
あーガン×ソード好きだわぁ。谷口演出好きだわぁ。

ガン×ソードは勢いでDVD買いそうですよ。
医龍もこの調子で進んでいって欲しいもんです。


医龍で検索かけてトップに来たページに行って見たら、
本誌の進んだところまであらすじ書いてありやがんの。……はぁ。
[PR]
by dec311 | 2006-01-08 20:42 | アニメ・マンガ
ガン×ソードです。

ガン×ソードのマンガ版がなにやら凄いことになっているらしいので買ってみました。
いつの間にチャンピオンに連載していたのでしょうか。

と、いうことで内容について。
まず一つ言えるのはアニメ版を忘れてください、ということ。

キャラクターが全然違いますもん。
ヴァンはアニメではあんなに渋い感じが漂っていると言うのに、マンガでは

寝ているのを無理矢理起こされたからと言ってウェンディに缶コーヒー投げつけたり
コンビニ店員、新聞配達、果てはADの仕事をやらされたり
「食欲」「性欲」「奥義!欲望2倍返し」とか言う技を使ったり

単なる頭の可哀相な感じのキャラに仕上がってます。
ウェンディは”赤いカメ共同募金”という謎の宗教集団的なところの募金集めの人。
ちょいとキャラが薄い感じが。ちなみに兄探しはしてません。
そんなにマジメなマンガじゃないですもん、コレ。
ちなみにカメオはウェンディくらいの大きさがあります。

キャラがこんなんだからこそ生まれる言葉ってありますよね。
以下が読んでいて琴線に触れた美しき言葉ども。

「ピラミッド……いや女!?略してオナミッド!?」
「超合金オンナニウム製だYOH!」
「いよいよ”カメソードのヴァン”にできあがりというワケだ……」
「今からあなたをカメに改造します!」
「全部自分のために使っていた妄想番長だったんです」
「欲望チャンピオン誕生!!」

もうね泣けますよ。
最終話近くに偏ってるのはご愛嬌。やりたい放題だったんでしょうね。

最終3話までヴァンがどれだけ頭のかわいそうな人間かを説明する話で、
突如、最終2話で赤いカメ共同募金の総本山へ。
この共同募金のリーダーは「ダン」。ええ、ええ、

ヴァンのヨロイのダンです。

簡単に言ってしまえばこの共同募金、このダンが私利私欲のために集めてただけ。
だって、ダンが女をはべらさせてたり、金の絨毯の上に座ってたり。
さらにはサイキックパワーみたいな力でヴァンを追い詰めたり。
…ん?あー、えーと、

最後はヴァンとダンが戦うんです。

ウェンディがヴァンを真人間に更生しようと共同募金の総本山に連れて来ます。
そこでは争いごとが無く皆平等に暮らしていました。
そこはメシに困らない、ということなのでヴァンが生活を始めます。
そして1年後。
ヴァンは見事に真人間に。

しかし、捨て犬を見かけたヴァンは

「カワイソウに…こんなにウマそうなのに」

と本性が再覚醒。
「こんなのはオレじゃねえ!」とダンの元へ特攻。
そこからヴァンとダンの戦いが始まります。

ダンのわけの分からない力に追い詰められるヴァン。
その時ウェンディが「募金」を使って奢ってあげるとそそのかします。
すると、「メシだ金だメシだかねだメシだ」と言い始め、
周りの人間の欲望をヴァンが吸収し始めます。そして、ついに…

「欲望チャンピオン誕生!!」の言葉とともにヴァン巨大化。

その大きさはダンを超えてます。
「ほほう、いいでしょう。私と勝負…」とダンが言いかけたところで

ヴァンが真っ二つにして終了。

内容なんてありませんよ。
余韻もクソも何もないですからね。

絵も何となく、コロコロテイストな雰囲気。
巻末に木村版ガン×ソードのラフが載ってるので、余計に酷く…。
この絵とノリで連載させたチャンピオンに脱帽ですわ。

もう言葉ではこのマンガを説明することは不能です。
久々に笑いましたもん、鼻で。
自分の中に潜んでいるだろう「幼児性」をくすぐってくるんですよ。
小学生が「うんこ」といっただけで笑うような、そんな感覚。


心の広い方にオススメです。
[PR]
by dec311 | 2005-10-14 22:34 | アニメ・マンガ

都市伝説的最終回

「サザエさん」や「ドラえもん」のアレです。

皆さんも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

・「サザエさん」
カツオが商店街のくじ引きでハワイ旅行を引き当て、一家は揃ってハワイへ。
しかし、飛行機は途中で墜落してしまい一家は帰らぬ人になってしまう。
その後、サザエ=サザエ(貝)、マスオ=マス、カツオ=鰹のように名前にちなんだものに輪廻。

こんな感じの最終回。
じゃあフネは船?なんて突っ込みを入れるようになったあなた。それは大人になった証拠です。
このほかにも「一家離散型」の最終回もありますね。

一方、ドラえもんでは、あの有名な「のび太が見た夢」説。

・「ドラえもん」
ドラえもんと過ごした日々は、全て植物人間状態になってしまったのび太の見た夢。

もうちょっと中身がありますが、端折ったらこんなもんです。
救いが無さ過ぎて、何だかちょっと恐くも感じますね。

これらの最終回は「都市伝説」であって実際にこういう話があったワケでは無いのです。
簡単に言えば、誰かが作った嘘話。パロディ(とはちょっと違うかな)みたいなものかなと。
ただ、この「誰かが作ったもの」が気に入ってしまったりするんですよね。
これはそんな誰かが作ったものの一つです。

・「ドラえもん」
ある日急にドラえもんが動かなくなってしまい、どうしたらいいか分からないのび太はドラミちゃんを呼ぶ。
ドラミちゃんが来たおかげで原因が「電池切れ」ということが分かるが予備電源が無い。
実は旧型のネコ型ロボットであるドラえもんの耳が予備電源だったもので、
過去にねずみに齧られてしまいもう無いので新規に予備電源をいれると記憶が全てデリートされる。
ドラえもんの設計者に頼もうとするが、設計者は極秘事項で分からない。
のび太は仕方なくドラえもんをそのままにしてドラミちゃんを未来へ帰す。

数年後、のび太は海外留学から帰国して最先端技術を持つ企業に就職。
ドラえもんが動かなくなった日からのび太は変わり、
中学、高校、海外の一流大学と自力で行くように猛勉強をした。
就職後も最新技術を吸収し続けていくのび太。

年月が経ったある日のこと。
のび太は研究室に妻のしずかを呼び寄せる。
研究室にはあの日のままのドラえもんの姿。
しずかは黙ったままのび太を見つめる。そして、のび太はスイッチを入れた。

「のび太くん、宿題は済んだかい?」

あの日のままの、あの姿のままのドラえもんがそこに居た。
これがドラえもん設計者誕生の瞬間である。


…俺はもう泣いてしまったよ…。
もの凄くドラマチックじゃないですか。ビバ考えた人。
不思議と画が思い浮かぶんですよ。こんな話は無いのに。
あー、この話を普通に映画で観てみたい。

<参考>
都市伝説101夜

今回これらの話を載せてますが、著作権など問題がありましたらコメント欄にお願いします。
でも、都市伝説に著作権…うーん…。
[PR]
by dec311 | 2005-10-09 21:39 | アニメ・マンガ

久々に泣いた…

今週からアニメの新番組が始まってますね。

・アニマル横町
・アカギ
・AngelHeart

この3番組を見てみました。

・アニマル横町
うーん、何と言うかその…来週からは見ないだろうなぁ。

アニ横はアニメよりマンガの方が合ってる、と思いましたね。
アニメにした分、勢いが弱まってる感じが。
マンガだからこそ暴走できてた部分がちょっと…。
作画もまた微妙なラインで。

何でかなー、と思ったら殆ど日本人スタッフじゃないんですね。
やっぱりまだまだ作画のレベルは日本人の方がいいよなぁ、とも思ったり。

・アカギ
カイジはある程度読んだことあるのですが、アカギは読んだことありませんでした。
それに主役が萩原聖人ということで…さらに微妙な…。

と、思ったら面白いじゃないですか。
あの独特な絵も違和感無くアニメ調になってるし、雰囲気も凄くよく出てます。
問題(?)の萩原声も抑え目な声で私は違和感を感じませんでした。
それに周りを固める声優陣がこれまたゴツイ!好きすぎる!小山力也さん!

OPは渋く、EDは激しく。
ホルモン好きな私はあの曲を聴いてシビレっぱなしでしたよ。

ほぼノーマークだったので期待以上の面白さに深夜一人で半狂乱。

・エンジェルハート
あのね、深夜に大人を泣かせるんじゃありませんよ。
見終わった後、中々寝られなかったじゃないですか…。

特に…というかそこだけなんですが、香の事故現場にリョウが駆けつけるところ。
あの神谷明氏の神演技…。やっぱり年季が違いますなぁ。
「死ぬなっ!生きてくれ!俺達のためにっ!」ココは最高に泣けますわ…。
あぁ、思い出しただけでも泣きそうな。

それとは正反対なリョウの「もっこり」。
シティハンターを見てた私は、その声を聴いた瞬間にニヤケちゃいました。
伊倉一恵さんの声を聞いたときもそうだったのですが、やっぱり鳥肌立ちますね。

一般公募で選ばれた方は未熟さが感じられるものの伸びて行きそうな予感。
周りの方々の技をドンドン盗んでいってもらいたいですね。

ただ、ちょっと勿体無いのは作画に少しだけ破綻が感じられるところが。
グラスハートの表現も編集の仕方も良かったので惜しい、という感じでした。

あー、もうこれは来週から必ず見ますよ。日テレのアニメで見ようと思うのなんて「レイアース」以来かも。


良作に恵まれると気分がいいです。
ただ深夜にオンタイムで見たものだから…気持ちは…悪い…。
にしても、声優さんの演技力って差があるなぁと改めて実感したり。

ああ、アニメの感想って難しいなぁ…。
[PR]
by dec311 | 2005-10-05 21:15 | アニメ・マンガ

ハチクロ

ゴメンナサイ。

昨日の夜のこと。
友人とのメッセを終わらせてそろそろ寝ようかとしました。
するとテレビから中々イイ感じの歌が。

5分番組かなと思っていたら、

ハチミツとクローバー

ああ、コレがハチクロなんですね。
OPの歌イイなぁ。爽やかで深夜っぽくなくて。
…もうこの時点でドップリと浸かっちまいました。

あとの30分は超絶集中。
初めて見たくせに「竹本イイヤツだなぁ」とか思ったり。
ラストなんてちょっと涙出ましたよ。「お前男だよ」ってなもんで。

いやー、でもああいうシチュエーションには憧れますね。
後ろで花火がドーン…そしてイイ雰囲気になって…みたいな。

子供の頃、幼馴染の女の子と花火を見に行ったことがあるんですよ。
あ、最初に言っておきますがコレは”妄想”じゃないですからね。
いつも書いてる内容が妄想じみているからと言って、
見えない幼馴染と花火に行くほど病んではいません。

花火も終わり帰り際。忘れもしません。

女の子「凄かったね、花火」

俺「え?俺、首痛い」

この言動にはビックリですね。当時から首が痛かったなんて。
いやいやいや、そんなところは問題ではなくてですね、

花火の感想→首が痛い

おかしいですよね。話が噛みあってません。
あの時の相手の顔は思い出そうとしても思い出せません。
うーん、あの時の正解の言葉は何だったんだろうなぁ。

閑話休題。

で、「コレ面白いなぁ、もう24話かよ…最初から見ておけば良かった…」と思ったのです。
そいで私は何も知らずに予告を待っていたんです。

最終回だったのか…

私の好きな藤原啓治・うえだゆうじ・高橋美佳子が出てたっていうのに…。なんてこっつぁ。
だからってDVDが出るまで我慢できないし…。
そんなこんなで帰り際に8巻まで全部買ってきましたよ。とりあえず1巻だけ読みました。


あー、山田、山田ぁ!山田はかわいいなぁ。
こんなに面白かったのか、ハチクロ。なめてましたゴメンナサイ。
それにしても私の買った本、第25刷り(1巻)ですよ。凄いですね。
[PR]
by dec311 | 2005-09-30 22:14 | アニメ・マンガ