今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

都市伝説的最終回

「サザエさん」や「ドラえもん」のアレです。

皆さんも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

・「サザエさん」
カツオが商店街のくじ引きでハワイ旅行を引き当て、一家は揃ってハワイへ。
しかし、飛行機は途中で墜落してしまい一家は帰らぬ人になってしまう。
その後、サザエ=サザエ(貝)、マスオ=マス、カツオ=鰹のように名前にちなんだものに輪廻。

こんな感じの最終回。
じゃあフネは船?なんて突っ込みを入れるようになったあなた。それは大人になった証拠です。
このほかにも「一家離散型」の最終回もありますね。

一方、ドラえもんでは、あの有名な「のび太が見た夢」説。

・「ドラえもん」
ドラえもんと過ごした日々は、全て植物人間状態になってしまったのび太の見た夢。

もうちょっと中身がありますが、端折ったらこんなもんです。
救いが無さ過ぎて、何だかちょっと恐くも感じますね。

これらの最終回は「都市伝説」であって実際にこういう話があったワケでは無いのです。
簡単に言えば、誰かが作った嘘話。パロディ(とはちょっと違うかな)みたいなものかなと。
ただ、この「誰かが作ったもの」が気に入ってしまったりするんですよね。
これはそんな誰かが作ったものの一つです。

・「ドラえもん」
ある日急にドラえもんが動かなくなってしまい、どうしたらいいか分からないのび太はドラミちゃんを呼ぶ。
ドラミちゃんが来たおかげで原因が「電池切れ」ということが分かるが予備電源が無い。
実は旧型のネコ型ロボットであるドラえもんの耳が予備電源だったもので、
過去にねずみに齧られてしまいもう無いので新規に予備電源をいれると記憶が全てデリートされる。
ドラえもんの設計者に頼もうとするが、設計者は極秘事項で分からない。
のび太は仕方なくドラえもんをそのままにしてドラミちゃんを未来へ帰す。

数年後、のび太は海外留学から帰国して最先端技術を持つ企業に就職。
ドラえもんが動かなくなった日からのび太は変わり、
中学、高校、海外の一流大学と自力で行くように猛勉強をした。
就職後も最新技術を吸収し続けていくのび太。

年月が経ったある日のこと。
のび太は研究室に妻のしずかを呼び寄せる。
研究室にはあの日のままのドラえもんの姿。
しずかは黙ったままのび太を見つめる。そして、のび太はスイッチを入れた。

「のび太くん、宿題は済んだかい?」

あの日のままの、あの姿のままのドラえもんがそこに居た。
これがドラえもん設計者誕生の瞬間である。


…俺はもう泣いてしまったよ…。
もの凄くドラマチックじゃないですか。ビバ考えた人。
不思議と画が思い浮かぶんですよ。こんな話は無いのに。
あー、この話を普通に映画で観てみたい。

<参考>
都市伝説101夜

今回これらの話を載せてますが、著作権など問題がありましたらコメント欄にお願いします。
でも、都市伝説に著作権…うーん…。
[PR]
by dec311 | 2005-10-09 21:39 | アニメ・マンガ