今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

当たりとハズレでよくない?

ドラフト会議です。

来年度に入団してくる選手の”交渉権”を得るために行う大くじ引き大会。
将来、自球団そして野球界を背負っていくような選手がいるかもしれないので、
みんな真剣です。そこらへんの商店街でやってるようなものとはワケが違います。

交渉権を得るためのくじ引きとはかなり簡単なもので、
箱の中に入っている封筒を取って、その中に当たりが入っていたらおめでとう。
どういう気持ちでこのくじを引くんですかね。

そして今日。
こんな真剣なドラフト会議に水を差す出来事が。

「当たったと思ったらコレ、ハズレじゃんかよ事件」

いや、こんな名前では無いですけどね。

甲子園で大活躍をした辻内投手。
この選手の交渉権を得るためにオリックスと巨人がくじを引くことに。
そして…

「おっしゃあ!」

…こんな風に言ってはないでしょうけど。
こうしてオリックスに交渉権が確定されたかと思いきや…

「コレさ、俺のが当たりじゃねぇ?」(堀内監督)

…こんな風に言ってはn(ry
実は堀内監督が引いたくじが当たりだったのです。
もう一つ、陽内野手を巡って日本ハム・ソフトバンクで同様のことが発生しました。
何でも、当たりくじの理解に相違があったとのこと。

本来、当たりくじには「交渉権確定」の刻印、ハズレには「NPBの印鑑」が押してあるらしいです。
オリックスとソフトバンクは印鑑を見て当たりだと思ったんでしょうね。

そんな小難しく書かなくてもいいと思うんですよ、当たりとハズレ。
当たりには「当たり」、ハズレには「ハズレ」と書けばいいじゃないですか。
もうちょっと柔らかく行きたければ、

当たり=「やったね!おめでとう!」
ハズレ=「そのうちイイことあるから頑張って!」

もしくは、

当たり=「やったね!もう一人!」
ハズレ=「新人がいなくても頑張れるって!」

とかにしたらいいと思いますよ。ハズレを引いた監督は激怒しそうですけど。
それに『当たり=「やったね!もう一人!」』なんかでもう一人引っこ抜かれたときには…。

真剣勝負だからこそ起きた不祥事(?)。
次からはもっと分かりやすく行きましょうよ。
…いや、それよりも高卒プレイヤーに逆指名権とかを…。


この事件で印象深かったのは陽内野手の記者会見です。
一度ソフトバンクに決まり、意気揚々と会見。
直後に実は日本ハムだったということが分かり、一時中断。
帰ってきたものの、記者の質問に対して、

日本ハムに決まりましたが?
「(ちょっと考えて)嬉しい」

日本ハムに対するイメージは?
「分からない」

と答えて終了。
そりゃそうですよね、自分の好きなチームに入れるかと思ったら…ですから。
[PR]
by dec311 | 2005-10-03 21:54 | 雑記