今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ガレキ初心者の憂鬱

さて、先日から作り始めたプリキュアのガレキがいよいよ佳境を迎えております。
買ったのはこの前のワンフェスなので、もう2ヶ月くらい経ってるんですね。
ちなみに値段は白黒2体セットで1万円でした。

以前作ったサクラ大戦3の花火のガレキと比べて、
今回のプリキュアは下地処理に多くの時間を割いてみました。
そのおかげもあってか、エアブラシをする時に楽になりました。

自分が下地に使っているのはタミヤの「ホワイトサーフェイサー」。
結構目が細かくて使いやすい気がします。
とは言うものの、他のを使ったことが無いのでなんとも…。
ただ単に、前使った時に使いやすかったってだけなんですよ。
他のも使いたい気持ちはありますが、それで失敗しちゃったら、ねぇ。
と、「人生停滞が一番」と考えてる男が申しております。

んで、部屋の窓という窓を全開にしてエアブラシをするわけですが、
これがまた衝撃的な威力がありまして。
吹き返しが「臭い」を通り越して「痛い」んですよ。
しかも色によってダメージ量も変化してきます。
なんとなく白が一番平気で、黒に近づくにつれ強烈になる気が。
ちなみに使用しているのは「クレオス」L5のコンプセットです。
色々なところを見て回った結果、初心者にはコレでみたいな感じだったので購入。
コンプレッサーの音もそれほど気になりません。
コンプレッサーの音が気になる人は店員さんに聞かせてもらうのが一番です。
友人に詳しい人が居れば一番なんですけどね。
パソコンと模型は詳しい友人が居ると助かるなぁ。

ブシュー…シュシュシュー…ブシュー…ボボボボボボボ…

結局95%くらい塗り終えるまでに6時間くらいかかりました。
マスキングの難しい部分やはみ出し、
塗り忘れなどの残り5%は筆塗りでカバーします。
熟練の人とかはやっぱりブラシだけで済ませちゃうんだろうなぁ。
というか、もしかしたら自分だけなんじゃ…。

やっぱり失敗はするものです。
次回のために今回の反省点をメモ書きしておきますよ。

キットをもっとよく洗おう。(…マスキングで塗装が剥がれた…)
色は思っている以上に薄くても重ね塗りすれば平気。
資料を用意しておく。
想像で色を塗らない。
つやありで塗った後に「ま、いいや」で済まさない。
白にばかり気が行ってると黒が無くなる。
色と真鍮線は切らさないようにする。
色は原色のまま使わない。

これくらいですかね。殆どが色関連ですね。
やっぱり自分の中での最重要事項ですし。
あ、あともう一個だけ反省点あった。


家中をシンナー臭くしない。


部屋のドア開けてたら家中シンナー臭くなっちゃったよ…。
まあ、一晩明ければ平気でしょう。アハーハ。

ガレキの方はもうすぐで出来そうなので、
完成したら恥ずかしながらアップしようと思ってます。
…上手に修復できますように。
[PR]
by dec311 | 2005-03-24 20:56 | フィギュア