今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

救命病棟24時・最終回

とうとうこの日がやってきてしまいましたね。
思えばMEGUMIのナース姿のために見だしたこの番組も最終回です。
そのMEGUMIナースも途中で全然出なくなるわ、
話の展開がゆったりとスロースピードになるわでグダグダな時期もありました。
とは言うものの序盤の話なんてスッポリと頭から抜けてますけどね。

で、最終回を見ながらコレを書いているワケです。
先週から今週に繋がる間抜けな「集団食中毒」。
オニギリの期限が1週間過ぎていたから医療スタッフの大半がダメに。
動けるのは医師3人、看護士5人、研修医1人。
これで高度救命病棟を動かしていくんです。
何でも22時間労働をしなければならなくなるそうで。
休憩は一日2時間、その中に睡眠時間も含まれるので…。
しかも救命救急なので24時間体制。

今番組中盤なのですが、2日目にしてもうギブアップ状態です。
そりゃそうですよね、一日1時間睡眠で救命救急なんですから。
自分の事として考えてみても一日1時間睡眠だったら終わりです。
…仕事としての格も重要度も違うんですけどね…。
あーあ、もうちょっと人の役に立てる仕事がしたい…。

そりゃこんな平日にお暇を頂いて、VC3を2丁拳銃でクリアしてるようなヤツに、
人の役に立てる仕事が出来るとは思いませんな。
…VC3クリアしたあとにHOD3やったら途中で指がつりましたよ。

閑話休題。
そんなピンチな救命病棟に火傷の患者が。
ボイラーの蒸気を浴びて、全身の80%を火傷した8歳の少年です。
さらには復旧作業中の事故にあった人までも運ばれてきます。
もう大変です。

この鬼気迫る感じが自分の見たかった「救命病棟24時」なのかもしれません。
ピンチに次ぐピンチ。それを乗り越える。の繰り返し。
単純な構造かもしれませんが、自分のような単純な者にはピッタリです。

今回は大震災がテーマなので人間ドラマ寄りになっていて、
自分にはちょっと物足りなかったんですよ。
途中の楓のエピソードがまた物語のスピードを緩めてしまいイマイチな印象に。

ですが、専門用語が飛び交う手術シーンは見ごたえありますね。
今回の手術も緊迫感が出ててよかったなぁ。
お医者さんってカッコイイなぁ、とか思っちゃいますよ。
まあ実際に自分が入院したときには

もやしっ子を象徴するかのような医師
ゴリラみたいな看護婦さん

が自分の担当だった記憶があります。
もしMEGUMIみたいな看護婦さんだったら、
自分で自分の足折ってでも入院しますけど。

とかなんとか書いている間に番組終わりそうです。
お、小栗旬は結局医者になるのかあ。
で、楓が進藤の似顔絵に見入ってるのですが、楓よあんた、

婚約者が死んだの覚えてる?

あのエピソードで何週取ったと思ってるのさ。
ってか、進藤の似顔絵を見る楓が最後のシーンでいいのか。
物凄い意味深な感じが。
ああ、結局楓は進藤が…みたいな。

と、まあ毎週この番組を見ていた方、このブログを毎回見ていて下さった方、
本当にお疲れ様でした。…何か疲れるんですよね、この番組。
あー、来週から毎週火曜は何を書こうか…。
…あ、このブログはまだ終わりませんのでご安心を。


おおお、来週から離婚弁護士2ですかあ!イヤッフー!
ということで来週から離婚弁護士2をネタにしていきます。
[PR]
by dec311 | 2005-03-22 22:09 | 雑記