今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

救命病棟24時・その10

なんだかんだ言って、もう10回なんですね。
あと2回くらいで終わりかぁ。
最終回くらいはMEGUMIの魅力全開で…って無理だよな。

さて、研修医の演技がとてつもないことになってきている第10回でしたが、
話の方はかなり泣ける話でした。

震災時に水やらトイレットペーパーの値段が跳ね上がる前に契約を取り、
被災者がぼったくられないようにしようとする親子。
息子はうだつが上がらない、そんな息子に対して発破をかける父親。
そんな父親はガンで余命一月あるかないか。
数日経ち、契約を取って来る息子。だが、父親は衰弱している。
父親は息子に「毎日報告しに来い」と言う。が、病には勝てずに死んでしまう。
そこで息子が「ありがとうございました」と父親に頭を下げる。

みたいな話が本筋。
これを隣のベッドにいる子供に「走れメロス」を読ませることによって、
話の本筋と走れメロスの内容をかけていたんですね。
まあ、特にこれといった珍しいことは無かっt…

それにしても次回に続く話が「医療スタッフの集団食中毒」で、
その原因が「スタッフに配られた1週間前に消費期限の切れたおにぎり」…。
ちょっと待ってくださいよ。1週間くらい消費期限切れてても大丈夫じゃ。
よほど天候が熱くて、冷蔵庫・冷凍庫が動かないならまだしも、
電気は復旧済み、天候も熱くない設定でそれは無理がある気がします。

それに、そのおにぎりの中身も「梅干」と「焼肉」で、
焼肉はまだしも梅干は結構日持ちしそうな気がするんですが。
もしや、最後のほうに動けていたスタッフは梅干を食べた人たち?
うーん、ちょっと強引な進め方な気が。

ってか、この時間帯とはいえ、

ゲロ吐き音

を放送するとは…さすが揺れに揺れている会社ですね。
もうみんなゲロ吐きすぎ。


もしかしたらMEGUMIの悶え姿が見られる!と期待していたのですが、

ピンピンしてやんの。

お前は焼肉おにぎりをいっぱい食え。

追記:
「SAW」を観ました。
もう完璧にやられちゃいましたよ。

バイオハザード的な謎解き、「es」のような精神変化、「CUBE」のような圧迫感。

SAWを一言(?)で表すならこんな感じです。
極上のシチュエーションサスペンスホラー(長いな)でした。
出来の良いミステリー小説を一気に読んだ、という気にもなります。

詳しく書いてしまうとこれから観る人に対して悪いので書きませんが、
「ココ映画として間違ってない?」とか思ったりするところが実は重要だったり、
最後の最後でとてつもないことが起きたりと映画にグイグイ引き込まれます。
もう、終盤のパズルのピースがパチパチ嵌っていく感じには脱帽ものです。
このジャンルの映画でSAWを超える映画は向こう数年出ないでしょう。

ただ、自分のような「笑いのツボが常人の逆」な人には笑い所も多数。
ご飯食べながら観ていたのですが、3回ほどご飯粒を飛ばしました。

この映画は久々に観て良かったと思いました。
誰かにネタばれされない内に是非観ておいてくださいな。
[PR]
by dec311 | 2005-03-15 22:14 | 雑記