今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

WFの思い出

土曜日の夜に友人宅に到着。
到着後、ウダウダと喋ったりしながら時間を潰し、
朝の5時に始発で国際展示場へと向かいました。
電車内はコミケの時と全然違い、トイレに行く余裕、座る余裕までありました。
やっぱりWFに来る層って限られてるんですね。

で、5時半くらいに展示場駅に着くわけですが、そこで思ったのが、

「お、意外に寒くな・・・・・・・さみいいいいいぃぃぃ」

駅から出た直後は電車内の暖かさもあり体が暖まっていたのですが、
そんな暖かさなんて数分の内に消し飛んでしました。

段々と寒さが体の芯に届きそうになってきたところでようやく座る場所へ。
今回は「上州や」で買った490円のイスがあるので「楽勝楽勝」と思ったのも数秒。
…小さすぎた。

このイスは一応のところ、耐えられる最大の重さとして設定されてるのですが、
自分の体重は約80キロ。…結構ギリギリな感じが。
そんなことを思った自分は、申し訳程度に付けられた背もたれなんか使えずに、

「隊長!!このコサックダンスはいつまで続くのでありますか!?」

ってな体勢をとるしかありませんでした。
それに、風が吹いたときなんかは寒くて寒くて…。
コミケの時に馬鹿みたいにでかい友人の背中で風を避けていたのが懐かしいです。

途中、コンビニでカップラーメンを食べたりしましたが、
外に出ればまた凍える寒さです。
しかも、寝てないので無意味にハイな状態になっており、
意味の無いことで笑ったり、滝川クリステルのことを永遠考えてたりしました。
ちなみに、一番意味が無いのに笑ったことは、

(木曜洋画劇場の予告風に)
『香港の街で筋肉フィ~バ~!ワァーオ!!木曜洋画劇場!「ベイブ」』

今見てもなんとも思えません。むしろ苛立ちすら覚えます。
でも、ハイになっていた自分と友人は「ププププププププ」状態でした。

そんなこんなで列も動き出し、10時半くらいにようやく会場入りです。
会場に入ると雰囲気変わりますね。なんかみんな殺気立ってる。

自分は急いで買いに行くところが無かったのでゆったりと歩いてました。
その横を猛ダッシュで走りぬいていく人、人、人。
思いました、

「ダッシュで買いに行くところは中の人とか転売屋に買われてるよ。」

と。
実際のところは分かりませんが、そんなもんだろうなぁと思ったりするわけです。

話を戻しまして。
どうしても欲しかったディーラーさんのところへ到着。
今回は勇気を出して声を掛けようかと思ってたのですが、
会場して間もなかったので予定を変更です。まぁ、勇気が無かったとも言います。
自分に勇気の神様は付いていません。

ここで最大の事件が。

帰りたい病発動

そこのディーラーさんのプリキュアがあまりにも良かったので、
とてつもない満足感に襲われて、突如帰りたい病が発動してしまいました。
実際、友人と来ていなかったら帰っていました。(10:50前後)
友人も来ていることですし、我慢してグルーっと回ることに。
心を鷲づかみにされたディーラーさんもいくつかあり、帰らなくて良かったな、と。
自分の心は「秋の空」よりも「ねるねるねるねの2段階目の色」より変化早いです。

友人と待ち合わせるにも時間がまだあったのでブラブラしていると、
たぶんどこかのショップか問屋のブースへ流れ着きました。
商品を色々と見たのですが、値札が貼ってありません。
「どうせ高いんだろうな」とか思っていたら関西弁のおじさんに声を掛けられました。

「安くするよ。店長いないから。」

「店長いないから」?いいのか?
そんな風に思ったのもつかの間、手には「超造形2弾」と「ガンコレDX2」が。
これで値段聞いて高かったら買わないようにしようと思ってました。
試しに、おじさんに「コレ2箱でいくら?」聞いてみると。

(ブースの中に向かって)「コレ何個入り?あー…2箱で21個か…」

なんて言いながら計算機をパチパチ。
打ち間違えまくりで「460000000」なんて出た時は笑いました。
で、結局のところ。

「2700円。…(小声で)2500円でいいや。」

だって。勿論買いました。そして最後に、

「店長いないから。」

と決め台詞のように言ってきました。うーん、カッコイイ。
俺の中でのヒーローです。

その後、友人と待ち合わせて14時半くらいまでぶらついてました。
やまとのブースで「このまま出るわけねえだろ。」と呟いたのは秘密です。

帰りは友人とフェリーで帰ることにしていました。
「今日はフェる(フェリーで帰るの略)から。」なんて、結構楽しみにしていました。

意気揚々とフェリー乗り場で時刻表を見ると14時35分にフェリーが。
現在時刻14:30.オーウ、ベストタイミング!
「すげえベストじゃん。」なんて友人と話していたら階段下から駅員っぽい人が。
ツカツカツカと早歩きで近づいてきて、何をするかと思ったら、

14時35分のところをマジックで塗りつぶしました。

その後、肩を落としながら都バスに乗る二つの影がありましたとさ。


と、まあこんな感じでした。
並んでいる最中に雨が降ったり、会場内をカートが物凄い速さで走っていたりと、
嫌なこともありましたが総じて考えてみると楽しかったです。
やっぱりこういうイベントは友人達と来てゆったり過ごすのが最高だな、と。
ホントはディーラーさんと仲良くなったりするともっと面白いのかもしれませんが。

「ガレキなんて作ったこと無いから。」「値段高いし。」
なんて思わずに一度来てみることをオススメします。
見ているだけでも結構面白いものですよ。

自分も最初に行った時(3回前)にはガレキなんて作ったことありませんでした。
でも、勢いに任せて一個買ってみると意外に作れちゃったりするものです。
最初はだれでも「やったことない」のですから、恐がらず特攻も有りかな。

とか、真面目に締めてみるのもまた一興。

追記:
デザインナイフで指を切りました。右足の親指です。
みなさんは足で固定しながら削らないでくださいね。
[PR]
by dec311 | 2005-02-21 22:24 | 雑記