今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

MEGUMI病24時・その6

さて、自分の中で8割方見る意味を無くした「救命病棟24時」ですが、

今回普通に泣いちゃった。

今回は保険医の「磯部望」の元へ父親が福岡からやってくる話が主。
この父親役が「渡辺哲」さんなのですが、この方の演技がそりゃもう。
さすが長年俳優をなさっている方だな、と。
まあ、望を引っぱたいた直後の、

「ヴァーー!!ヴぁあぁぁあぁぁっぁあー!」

と、何て言ってるかわからないセリフと「スッパイマン」みたいな顔には爆笑。
でも、この顔がまたイイんですよ。
顔の演技というかなんというか、表情が豊かなんですよね。

ドラマを見て感動したなんていつぶりだろう、何て考えてみると、
「もういつ感動したかわからない」くらい前なんですよ。
それに、「何のドラマに感動したかも覚えてない」ですし、何よりも、

ここ数年ドラマ見てなかった

ってのが、原因でしょうか。
見たとしても「トリック」「ケイゾク」といった「アッチ系」な感じのしか見てません。

金八なんかはもうギャグの対象としてしか見れてないし、
救命病棟もほとんどMEGUMI目的でしか見てないし。
月9のヤツ(思い出せない)も見たけど、うーん…映像は面白いんですけどね。

じゃあ、どうだったら見るのか。即答・全部MEGUMIが出れば見る。

「3年B組 MEGU八先生」
全て賞味期限ギリギリな色気で解決します。

「みんな昔はMEGUMIだった」
意味がわかりません。

「不機嫌なMEGUMI」
いつもそうっぽい気がするのは気のせいでしょうか。


どれもこれもダメですね。


追記:
松嶋菜々子がやたらおばさんお年をめしている気がしました。
[PR]
by dec311 | 2005-02-08 22:25 | 雑記