今年もよろすく


by dec311
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

だから寝起きに人を泣かすな、と

いやー、今日の「金色のガッシュベル」は最高でしたね。
作画?演出?脚本?・・・いやいや、

鈴芽がいっぱい出てたじゃないですか。

いやー、良かった良かった。
やっぱり鈴芽はカワイイですね、うん。
あの清麿を見つめる鈴芽・・・清麿・・・清m・・・k・・・

清麿め!
畜生、あいつさえ、あいつさえいなければー!
でも、ついこの間まで戦ってたし、鈴芽が望むのならばしょうがない。
うん、しょうがないよ、しょうが・・しょうg・・・あああぁぁああぁ・・・

そんな混乱状態でテレビを見ながら「何で鈴芽はカワイイのか」考えていました。
自分の中の「可愛さ度数」を計る基準として

1、眼鏡を掛けているか
2、メイドさんであるか
3、冷めていないか

この基準に唯一鈴芽が当てはまってるのって3番しかないんですよね。
じゃあ何故に俺は萌えるのか。考えていると一つの答えが・・・

俺は天然バカキャラが好き

かもしれない。
だからといって他に天然キャラで好きなキャラもいないし、何ででしょう。
もしかしたら潜在的な萌え要素なのかもしれません。
・・・って齢23にして布団に包まりながらこんな事考えてちゃあ、ねえ。

そんな鈴芽祭りも覚めやらぬまま「レジェンズ」に突入です。
ここ最近の展開に「子供はこの展開面白いのか?」なんて思ったりします。

番組冒頭では先週の「お母さんタリス化」のシーンから始まり、超鬱展開に。
あれだけ喋りまくってたシュウ(主人公)もこのときは絶句&泣き。
瞳孔開いちゃってました。・・・子供向け番組だよね、これ。

いやー、すげえ展開。まさかこんな展開になるとは思ってませんでしたよ。
んで、そのあとレジェンズウォーという戦いが幕を上げるのですが、
そうなると人間と一緒に暮らしていたレジェンズが野生に戻るらしく、
一緒にいた人間のことを忘れてしまうのです。

ココです。今日泣いたのは。
本能で戦いに赴こうとするレジェンズに対し、子供たちが必死に止めるんですよ。
ココは泣いた。もう全米が泣いた。
純粋な気持ちを無くしてしまって早数年。こういうのには弱くなりました。
でもさあ、

やっぱりED曲の「もうどうにも止まらない」は無しにしない?

何か一気に冷めてしまうのは自分だけでしょうか。
しかも日本語版に戻ってからはさらにそう思うように。
でも、まあ本編が面白すぎたので今回は許しましょう。
って、もうそろそろ終わるんですよね、このアニメ。

最初はギャグ路線で後半一気にシリアスへ、という展開は正に、
「大地丙太郎」監督って感じですね。
「こどものおもちゃ」とか「十兵衛ちゃん」とか。俺は好きですよ、こういう展開。
[PR]
by dec311 | 2005-01-16 18:16 | アニメ・マンガ